潤い 油

潤いは油で?アラフォーのカサつく肌に油分が必要な理由

LINEで送る

潤いを油で与えようと、オイル等で日々スキンケアを頑張っている方は多いようです。ただしアラフォーを迎えたカサつく肌に行う油分によるスキンケアは、いくつかポイントがあります。中でも重要なのが、油分だけでなく保湿もしっかりと行った上で、油分を与えてあげることです。そもそも油分を補給するのはなぜなのでしょうか。40代を越えると、肌をコーティングし、外部から守ってくれていた天然のクリームとも言える皮脂の分泌量が減り始めます。酸化した皮脂は洗顔で洗い流してあげる必要がありますが、新たな皮脂が生まれにくくなることで、お肌の見た目で重要な要素である、ハリやツヤが失われてしまうのです。そのため適度な油分をプラスすることで、お肌のハリとツヤをカバーすることができるのです。 ところがお肌のかさつきは皮脂不足だけで起こるのではありません。お肌がかさつく最も重要な原因は、乾燥です。そのため乾燥を改善する為の保湿をしっかり行った上で、油分を与えてあげる必要があるのです。フェイス・クリームなどで目の周りや口元など、乾燥しやすい部分を中心にケアしてあげることから始めるのが基本ですが、40代半ばぐらいになると、かさついてハリツヤが目立たなくなる部分が増えていくため、その範囲を広げていきましょう。現在人気の化粧品であるオールインワンゲルは、美容液とフェイスクリームの中間という位置づけですが、美容液よりも油分量が多く配合されているおり、保湿成分・美容成分もたっぷり配合されているため、広い範囲にハリツヤが欲しい方にはオススメの商品です。
LINEで送る

こんな記事も読まれています