ドラッグストア 返金

ドラッグストアには無い、返金保証付のオススメ年齢肌化粧品

LINEで送る

ドラッグストアに返金保証付の化粧品が無い理由

ネット通販ならではのお得なサービス
ネット通販ならではのお得なサービスパソコンやスマホの普及により、ネット通販で化粧品を購入する割合はどんどん増えていると言われていますが、その中で目を引くのが、全額返金保証制度です。

ある一定の条件を満たせば、使用中、商品によっては使用後でも返品に応じてくれるだけでなく、購入代金を全額返金してくれる制度のことです。

全額返金制度があることにより、商品の品質の良さをアピールしているという側面もありますが、自分の肌や症状に合う化粧品を探している利用者の方にとっては、ありがたい制度です。

ただし売る側も商売なので、全額返金保証は初回のみ、としているところがほとんどです。

またネット通販の場合は住所や電話番号、さらにはメールアドレスやクレジットカードなど、多くの個人情報を扱うことができるため、購入する方が本当に初回利用かどうかを判断することが容易に可能です。

それに対し、ドラッグストアでそれを実現するためにはシステム構築だけでも多額の投資が必要となるだけでなく、不要なトラブルの原因にもなり得るため、導入には多くの障壁があるのが実情のようです。

全額返金保証を活用すべき理由

インターネットによる商品の購入は、訪問販売や営業電話などによって高額の商品を購入させられた場合などに適用される返品制度、いわゆるクーリングオフ制度は適用されません。

ただし返品の可否や、返送料負担などに関する返品特約を広告内に記載することが義務付けられており、その条件を一見「緩く」設定することで、商品の質の高さをアピールしている商品が多いのです。

ただ年齢による乾燥肌などに使用するスキンケア化粧品は、およそ28日と言われる肌の再生期間、いわゆるターンオーバーの間中使い続けてみないと、本当の効果を実感することはできません

そのためサンプルやトライアルセットなどの少量のお試しではなく、既製品と同じ商品を実際に試してみないと、本当に自分の肌に合う化粧品というのが見つかりにくいというのが現状です。

だからこそ売る側が用意してくれている全額返金保証制度などをどんどん活用し、試してみることをオススメするのです。

全額返金保証のメリット・デメリット

ただし全額返金保証の制度にも問題が無いわけではなく、デメリットとしてよく挙げられるのが、「保証期間の短さ」と「申請手続きが面倒」ということ、そして「保証条件のあいまいさ」です。

そのため、購入前に全額返金保証の「保証期間」と「手続き方法」、そして「保証条件」をしっかり確認しておくことをオススメします。

スキンケア化粧品の使用感を実感するなら、「保証期間」は最低でも14日以上、できればターンオーバーが完了すると言われる1か月は欲しいところです。

また「手続き方法」も「電話」でしか受け付けていない商品が多い中、「メール」で対応してくれる商品もあるので、電話が苦手な方などは要チェックです。

さらに「保証条件」に関しても、「お肌に合わなかった」という微妙なニュアンスの条件もありますが、例えば乾燥肌向けの商品の場合、「効果が感じられなかった場合」という直接的な条件もあるので、心配な方はそういった条件の商品を選ぶのも一つの方法です。

もともと全額返金保証を宣伝している商品などは、それをしても上回る利益が出ている場合が多く、何より広告に全額返金保証とうたっている以上は、活用する側が引け目を感じる必要は全く無いのです。

自分に合った化粧品を見つけるために

飲み薬にも効果のある症状や合わない人がいるように、化粧品にも効果のある肌トラブルや向いていない肌質の人がいるのは当然 です。

せっかく販売側が提供してくれている全額返金保証という「お試し」の場を使って、自分の乾燥肌に合った化粧品を探してみてください
LINEで送る

こんな記事も読まれています

ドラッグストアでは返金保証付きの商品というのは、あまり見かけません。間違って買ってしまい、かつ未開封の商品なら、レシートがあれば返品はできますが、開封後や少しでも使ってしまったら、ほぼ返品はできません。最近はCMで「効果が感じられなかったら全額返金します」という広告をよく見かけるようになりましたが、薬局等でそれをやっていたら、商売にならないどころか、余計な手間が増えてしまい、コスト増へとつながってしまいかねません。では全額返金保証付きの商品はどこにあるのか?それはインターネット上にあります。「効果が感じられない」のはもちろん、特に化粧品等の場合は「肌に合わなかった」というあいまいな理由でも返金に応じてくれる商品が数多く存在します。 何となくいかがわしい感じがしますが、CMやネット上の広告を見る限り、その手の製品は増えるばかりです。あれはビジネスとして成り立っているのでしょうか?あまりにも質の低い商品は論外ですが、多くの場合、返金保証の申請があったとしても、それを上回るだけの購入動機になっていると言えます。しかも合わなかったら返金してくれるから、と言われて購入し、本当に肌に合わなかったとしても、返品の連絡をするのが面倒で放っておくというケースも多いと思われます。 逆にそうならないような商品を選ぶには、全額返金保証の条件をきちんと見定めておくことが重要です。高かったのに…と泣き寝入りせずに、自分に合った化粧品を見つけるために、うまくこの制度を活用しましょう。逆に安かったとしても、お肌に合わなかったらしっかりこの制度を利用しましょう。